猫の下痢が治らないときのキャットフードの与え方

飼い主にとって、愛猫の体調は気になるものです。いつものウンチが下痢のようになると心配ですね。下痢の原因は様々です。まずは、原因を特定することが大切です。

下痢の原因

下痢の原因には、「異物の誤飲」「寄生虫やウィルス」「食物アレルギー」「キャットフード」などがあります。

異物の誤飲

ペットボトルの蓋やボタンなどが落ちてると誤って飲みこんでしまうことがあり、下痢の原因になりますので、愛猫が飲み込みやすい大きさのものはきちんと管理しましょう。また、「殺虫剤」や「洗剤」などは急性の下痢を引き起こすので注意が必要です。

寄生虫やウィルス

室外に出ることが多いネコちゃんは寄生虫が入り込むことがあります。寄生虫がお腹にいると下痢になる可能性が高くなります。また、ウィルスに感染したり病になった場合の初期症状として下痢になることが多く見られます。下痢だけでなく他の他にも体調の異常がある場合は、すぐに獣医に診てもらいましょう。

食物アレルギー

小麦や大豆などの穀物が原因で食物アレルギーを引き起こし、下痢になるケースもあります。食物アレルギーはアレルゲンを特定することが重要なので、動物病院で検査してもらいましょう。

キャットフード

キャットフードの食べ過ぎや新しいキャットフードに切り替えると下痢になることが少なくありません。愛猫に必要なカロリーを守ることも大切です。また、キャットフードの成分などにも注意が必要です。

下痢を改善するために

キャットフードが原因の下痢の場合は、キャットフードを切り替えます。まずは、消化に悪い穀類がメインのものや添加物の多いものは避けて、無添加でグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードを試してみましょう。また、食物アレルギーが原因の場合は、獣医さんと相談して低アレルギーのキャットフードを選ぶのがベストです。但し、キャットフードを急に切り替えると逆に下痢が悪化することがあるので、切り替えは少しずつ時間をかけておこなうようにしましょう。

便は健康のバロメーター

ウンチの状態を見れば、愛猫の体調がわかります。下痢以外の症状がある場合は、素人判断せずに獣医さんに相談することが大切ですね。

© 2018